DIYで何か大きなものを作りたいと思ったときに安価に骨組みを組めるということで候補にあげる単管パイプ。

実際に木材で骨組み組むよりもずっと安価に材料費を押さえることができます。

しかし、ホームセンターに行くと50cm刻みでしか販売していません。

きちんと考えて図面書いて切断することなく買ってきたままの寸法で使いきることが出来れば良いのですがそんなことは不可能に近いのが現実ですよね。

ということで単管パイプを切断するにはどうしたら良いの!?という疑問を解消しましょう!

いくつか方法があるので予算と合わせてご紹介します。

安価な順に説明していきますね。

①金属切断用のこぎり(鋸弦)

こちらは最も安価な工具ですがのこぎりですので手間が最もかかり、かつ 切断面の仕上がりが曲がる可能性が高くなります。

ただただ低予算で済ませたいの一択の人向きですね。


TRUSCO ピストル鋸弦250mm

複数本切断を考えている場合は替刃も用意しておかないといけないのでご注意を。

②単管カッター

これは万力のように単管パイプを押さえ、本体をグルグル回すと刃が少しずつ入っていき切断するというシステムです。

これがそこまで高くないわりになかなか優秀でセッティングさえきちんと行えば切断面もすごく綺麗に仕上がります。

1番オススメですね。


DeniMan 単管カッター TC-50

③レシプソー(電動のこぎり)

こちらは細長いブレード(刃)を高速で動かし構造物を切断するための工具です。

DIYではあまり馴染みがないのですが、壁に窓穴を抜く時などに使います。

当然ブレードを鉄用に変えれば単管パイプはあっさり切断できます。


マキタ 充電式レシプロソー1.5Ah(バッテリー・充電器・ケース付) JR104DSH

これも複数本切断をするならば替刃を用意しておかないといけないでしょう。

④高速カッター

これは鉄製品を切断するための工具です。

単管パイプ等を固定した上で切断するのできちんと固定すれば曲がることなく綺麗にかつ一瞬で切断してしますことが出来ます。

今回紹介する中で1番早くかつ1番綺麗に切断できる工具なのですが値段もそれなりにしますし、DIYをする上で大きな鉄を切断するということはあまりないので購入する際はよく考えてから購入することをオススメします。笑

尚、使用の際は鉄製品を切断すると火花が飛ぶので保護眼鏡と手袋を忘れずに。


HiKOKI(旧日立工機) 高速切断機 金属用 砥石径355mm AC100V FCC14ST

⑤グラインダー

今回紹介する中で1番高価な工具です。

グラインダーですが、これは高速カッターには負けますが早く切断することが可能です。

グラインダーは鉄物やコンクリート製品を切断したり出来るので、高価ですがDIYやるうえでいつかは欲しくなる工具の1つですね。

こちらも使用の際、鉄物切断時には火花が飛ぶので保護眼鏡、手袋の着用必須と火事には注意しましょう。


マキタ 100ミリ充電式ディスクグラインダ スライドスイッチタイプ バッテリー・充電器付 GA404DRGN

■まとめ

以上5パターンをご紹介しました。

何を買うかは今後の使用頻度も計算して決定されると良いでしょう。

やはり1番のオススメは単管カッターですね。

2番は1番高価なグラインダー。

尚、今回紹介したものは電動ではなくても全て刃物なので取り扱いと保管方法には十分気を付けてくださいね!!

One thought on “単管パイプの切断方法「5パターン」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です