我が家は1年前にアパートから一軒家に引っ越し(購入)ました。

建て売りだったんですけど給湯器がエコワン装備済みでした。

当初、家を探していたときはオール電化を必須条件にしていたんですけど中々オール電化で気に入った物件がなく気に入った物件がたまたまエコワンでした。

当初はエコワンの存在を知らず迷いに迷ったんですがメーカーさんにオール電化より良いです!!と力強く言われました。

ではそもそもエコワンって何なのか簡単に説明します。

エコワンというのは、一言で言えばハイブリッド給湯器の事を言います。

ハイブリッド給湯器の名前が、エコワンという名前になっていて、文字通りエコで節約にもなる画期的な給湯器です。

では、そもそもハイブリッド給湯器というのは何なのか説明します。

ハイブリッド給湯器は電気とガスの良い所を掛け合わせた給湯器の事です。

電気を燃料にしている給湯器の代表に「エコキュート」があります。

エコキュートは、電気代が安い深夜にお湯を作り、そのお湯を内蔵タンクにためておくシステムなのでお湯を使いすぎた際に湯切れが起こる可能性があります。

一方、ガスを燃料にしている給湯器「エコジョーズ」は瞬発力があります。

タンクなどにためることなく、使いたいときに即座にお湯を
作ることができますが、ガス料金自体が高いため、電気給湯器と比較した場合に節約効果が“大”とまでは言えません。

ですが「エコワン」は、通常は電気で作ったタンク内のお湯を使用しますが、お風呂のお湯はりなど大量に消費する場合、
湯切れを起こす前にガス給湯器である「エコジョーズ」の力で
給湯をサポートします。

また、エコキュートはタンク内のお湯を常に70℃~90℃に
保っているため、その分電気代がかかっていました。

エコワンはそのデメリットをガスの力で補い、40℃~50℃の低温のお湯を、使いたいときだけガスで温めて使うため、とても経済的です。

このようにエコワンは、電気とガス、お互いの良い所を掛け合わせた画期的な給湯器なのです。

エコワン本体の値段は少々高めの設定ですが、ランニングコストが安く、その分節約も出来るので、長い目で見るとお得な給湯器なのです!

そしてそして!最大のメリットはガスをプロパン(LP)で使うことにあります。

都市ガスでも使えますがプロパンを使わないを最大の恩恵を受けられません。

エコワンを導入するとプロパン=高いという概念は払拭されます。

なぜかと言いますとエコワンを導入すればプロパンガス代は約半値になるからです。

私が1年前まで住んでいたアパートは都市ガスだったのですがガス代は夏で一月6000円前後、冬だと10000円~12000円でした。

しかし現在は夏だと一月3000円前後、冬で8000円前後です。

アパートの都市ガスよりも一軒家のプロパンの方が安いとは驚きですよね!!

これがエコワンを導入した際に最も感じられる恩恵でしょう!

では、電気代はどうなのか。

こちらはアパート時代と変わっていない。という結果です。

でも、ガス代で月に3000円から4000円お得ということだけでもかなり大きいです。

年間40000円得したとしたら10年間で40万円得することになります。

オール電化のエコキュートの本体価格が50万前後、エコワンの本体価格が60万円前後です。

パナソニック エコキュート 屋外設置用 HE-FPU37HQS [寒冷地向け]FPシリーズ 寒冷地向けパワフル高圧フルオート ぬくもりチャージ リズムeシャワー 温浴セレクト 370L(3~5人用)

価格:443,155円
(2018/9/13 22:48時点)
感想(0件)

【3年あんしん保証付】【送料無料】リンナイ ハイブリッド給湯・暖房システム エコワン[セット品No9200038 リモコンセット][ダブル][160L][一体][能力14.0kW][フルオート][24号][一般地] RHP-R223(E) RTU-R1601 RHBH-RJ246AW2-1 RHO-T201-1000 MBC-301VC(A)

価格:623,468円
(2018/9/13 22:51時点)
感想(0件)

本体価格で10万円の差がありますが数年でもとがとれ、その後はお得に使える計算です!

お湯切れの心配もなく、長期的な目で見ればコストパフォーマンスも良い!

我が家は本当にたまたまエコワンの物件に出会えたため、光熱費で得させていただいており非常にラッキーだったなと感じています。

これからマイホームで給湯器の候補にエコワンを入れているかた!!

私は迷わずエコワンをオススメいたします!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です