西日本豪雨の被害に遭われた方々のご心労察し致します。

1日も早い復興をお祈り致します。

テレビのニュースで被災地の映像が流れると東日本大震災を思い出します。



その当時私は仙台にいました。

その当時の家は割と海に近かったんですけど幸いにも津波被害はありませんでした。

しかし、地震で家の中はメチャクチャ、ライフラインの不通は長期に渡りました。

震災当時は長男が生後8ヶ月だったために自分達の物資よりも子供のもの(おむつ、粉ミルク、離乳食 等々)を探し回った感じでした。

食料品もなくインスタントラーメン1個を嫁と半分に分け、さらにそれをお互いに少しづつ残してスープを薄めて麺はもっと煮詰めて離乳食として息子に食べさせてた当時でした。

今思うと離乳食にインスタントラーメンって完全にダメだよなって反省します。笑

でも、当時はそれほど食料が手に入らなかったんです。

ライフラインは、電気の復旧に1週間、水道が2週間、ガス(都市ガス)が3週間要しました。

そんな当時を思い返したときにあって良かったもの、備えておけばよかったなと言うものを紹介します。



1、懐中電灯

家にあるよって言うかもしれませんが最低でも3個はあった方がいいです。リビングに1個~2個(当然2個の方が部屋は明るくなります)、トイレ用に1個の計3個。災害時には複数あればあるほど重宝します。ちなみにリビングに使う歳は天井を照らすと部屋全体が明るくなるので上を照らして自立するものがあった方が良いです。

送料無料 ! LED 19灯 BIG リバーシブルライト 作業灯 でも使える スタンド付き 懐中電灯 手持ち 床置き 吊り下げ OK(検索: 工具 非常用 ハンドライト 防災グッツ ) 送料込 ◇ LED19灯ビッグライト

価格:1,290円
(2018/7/17 23:44時点)
感想(55件)

3、ラジオ(乾電池タイプ)

ラジオでその日の炊き出しの場所や時間等の情報を流してくれるので持っていた方が良いです。

ソニー FM/AMハンディーポータブルラジオ ICF‐51(W)(ホワイト)

価格:1,726円
(2018/7/17 23:47時点)
感想(56件)

2、乾電池

長期に渡り電気が不通になることを想定して懐中電灯、ラジオに対応している種類の電池を常に複数個常備していた方が良いです。

アルカリ乾電池40本セット【三菱単3電池LR6N/10S x4パック】水銀0・1.5V・MITSUBISHI

価格:1,080円
(2018/7/17 23:42時点)
感想(421件)

3、ガソリン

当時のニュースでもかなり放送されていましたが本当にガソリンは手に入りません。なるべく車での外出は控えるようにしていてもやはり使わざる終えない状況が出てくるのでガソリン携行缶に20リットルは備蓄しておいた方が良いです。

4、水

地震直後に水の供給がストップする前にお風呂や鍋に水を溜めたんですけどその水は地震の影響で茶色く濁っておりとても飲もうとは思えるものではありませんでした。(結局その水はトイレ用や手洗い用に使いました。)なので最低でも一箱(2リットル6本)を備蓄していた方が良いでしょう。

ミツウロコビバレッジ 岐阜・養老の天然水 2L 6本

価格:635円
(2018/7/17 23:48時点)
感想(13件)

5、水用のポリタンク

給水車で給水が行われても水を入れる容器がないと話しになりません。ペットボトルで持っていける量なんてたかが知れているので20リットル位は入るものを2~3個は用意していた方が良いです。

プラテック工業 12L水かん コック付 WTC-12 日本製 ~R~

価格:880円
(2018/7/17 23:49時点)
感想(1件)

6、ガスボンベ

震災時は食料が手に入っても茹でる、焼く、炊く等は全て火を使うのでガスがないと意味がありませんでした。なのでカセットコンロとガスボンベは必須だなと痛感しました。使う程度にもよりますが私はお湯を沸かして加美を洗ったりしていたのでガスは2日で1本くらい消費しました。なので6本は常備しておいた方が良いでしょう。

送料無料 お得なカセットコンロ用マイボンベ ガスボンベ250g 3本セット ( Lサイズ 3P)【RCP】【CP】

価格:1,146円
(2018/7/17 23:49時点)
感想(1件)

7、カセットコンロ

上記でガスボンベと記載しましたがカセットコンロが無いと火がつかないのでカセットコンロは必須です。今の時代IHの卓上コンロが売っていますが震災時は使い物にならないです。

【あす楽対応_関東】グリーンウッド クッキングファイヤーコンロ GC-TH1

価格:1,836円
(2018/7/17 23:50時点)
感想(15件)

8、クーラーボックス

電気が来なくなったら冷蔵庫のものは腐ります。腐るのが早いものから食べていき遅いものはクーラーボックスに氷を詰めて保存しておきましょう。それでもクーラーボックスの中で保存効くのは3日程度でしたが。(東日本大震災当時は3月だったので夏に被災するともっと保存期間は短くなると思います)でもそれ以外にも何かと重宝します。

★10%OFF★【送料無料】【最大2000円クーポン配布中】クーラーボックス 大型 48L キャスター付き クーラーバッグ クーラーバスケット 大容量 クーラーBOX 48リットル 冷蔵ボックス アウトドア用品 キャンプ用品 お花見 キャンプ 釣り バーベキュー BBQ

価格:4,930円
(2018/7/17 23:51時点)
感想(2件)

9、携帯電話の充電器

これは人によります。当時の私の場合は車に乗る際に車で充電していたのでバッテリー式の充電器はそこまで使いませんでした。
車がない人は必須でしょう。充電式のは最終的に充電できなくなるので乾電池式を用意しておいた方が良いです。

◆ スマートフォン・iPhone・携帯電話対応 電池交換式カルテット充電器 (4in1コネクタ付) ブラック BSC-05SM4CT【充電器/スマホ/アイフォン/アイホン/乾電池/電池交換式/電池】

価格:1,317円
(2018/7/17 23:52時点)
感想(0件)

10、サランラップか紙皿

食べ物を食べた後の皿洗いですけどそれに使う水が本当に勿体ないです。なので当時は紙皿があるうちはそれを使い、なくなったら皿にサランラップで包んで使っていました。ちなみに紙皿買っておくならボウルタイプの方が汁系にも対応出来るのでオススメです。

ナチュラルパルプボウル 10cm(150ml) 50個入

価格:538円
(2018/7/17 23:53時点)
感想(2件)

以上私が当時の生活を振り返ってみて備えておいた方が良いものでした。

ちなみに中でも乾電池はラジオ、懐中電灯、携帯電話の充電器全て直ぐに消費してしますのでかなりの数を備蓄しておいた方が良いです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です